【リトルカブを塗装】水性オートモービルカラーでブラウン系のツートンカラーにハケ塗り

リトルカブを塗装

こんにちは、ぽちゃさんです。
誰も興味のないオッサンのブログにお付き合い頂きありがとう。

ヤフオクで真っ白のリトルカブを落札したのですが、どうも気に入らなかったので全塗装することにしました。

ピカピカのツヤあり塗装もいいのですが、ハケで簡単に塗れることもあり、ツヤ消し塗料で塗装しました。

午前中に分解とマスキングをし、昼から2時間ぐらいかけて塗装し、次の日に組み付けましたので、完成まで1日半でした。

塗装について

塗料は水性オートモービルカラーを使用

水性オートモービルカラーという、ハケやローラーで塗る事ができる水性塗料をYahooショッピングで購入しました。

各色500g購入したのですが、半分くらい残りましたので補修用に保管しています。

塗料カップ

塗料カップ
▲ダイソーで売っていた蓋がネジ式になっている物を使いました。

調理用のハカリを使用
▲重さの計測には調理用のハカリを使っています。

水で10%希釈
▲塗りやすいように10%の水で希釈しました。

塗料缶にガムテープ
▲ガムテープを使うと、塗料カップに注ぎやすいですよ。

塗装開始

下準備

塗装前の分解▲最低限、外せるパーツは外しました。今思えば、前後のホイールまで外す必要はなかったと思います。

サビを落とす▲サビはペーパーで綺麗に落とさないと、すぐに塗料が剥離してしまいます。

洗濯干し場で塗装▲洗濯干し場で塗装しました。塗装の邪魔にならないように、ウインカーなどは紐で物干し竿にぶら下げています。

色塗り

乾燥中
▲ペタペタとハケとスポンジを使って塗りました。

マスキング▲気温約20度で、1時間もあれば塗料は乾きました。

組む時に付いた傷

組み付ける時に、とにかく傷が付きまくりましたが、簡単にタッチアップで消す事ができました。

組立時に付いた傷

組立時に付いた傷

組立時に付いた傷

組立時に付いた傷

組立時に付いた傷

組立時に付いた傷

完成

リアボックスやシートともよく馴染んで、いい色に仕上がったと思います。

塗装完成

Top