リトルカブの積載不足解消にリアボックス装着【NBSバイク用トップケース28L】安くて良いのですが・・・

こんにちは、ぽちゃさんです。
誰も興味のないオッサンのブログに今日もお付き合い頂きありがとう。

リトルカブの弱点の一つに積載量不足があります。
ぽちゃさんは長い間メットインのスクーターに乗っていたので、この収納の無さにどうも不便を感じていました。

そこで登場したのが、カブ系のカスタマイズ定番のリアボックス装着。
これが有るのと無いのでは雲泥の差、使い勝手はかなり良くなります。

また、このチョイダサ感が何とも言えない雰囲気を醸し出してくれるのですが、とある問題に遭遇し・・・

NBSバイク用トップケース28Lはこんなボックス

安くて安全

バイク用トップケース28L

写真の赤い部分は大型の反射板になっていて、夜間でも後方車からの安全対策はバッチリです。
また、鍵付きなので盗難という面でも安心ですね。
ちなみに、Yahoo!ショッピングで2,020円(税込)という価格で購入できました。

ヘルメットを入れると

ヘルメットを入れると余裕がなくなります

ジェットヘルを入れると、ほとんど余裕はなくなります。
とは言え、一般的な50ccのメットインスペースと比べて多少大きいと感じます。

背の部分の形状が湾曲している

延長キャリアに装着

キャリアに直接取り付けている人がいますが、それをすると釣りに行くときにクーラーボックスを積めませんので、ぽちゃさんは延長キャリアを追加して装着しています。
背中に当たる部分が湾曲しているので、もしシートの近くに装着したらいい感じの背もたれになるかも知れませんね。(ならないかも知れませんが)

取り外しは簡単

ネジで止まっているだけ

手で回せるように星形のネジになっていますので、これを外すだけで簡単にボックスは外れます。
このネジはボックス内部にありますので、蓋に鍵を掛けていると他人に触られる心配はありません。

バイク用トップケース28Lの台座

ボックスを外すと、台座だけが残るようになっています。

気になる点は匂いがきつい

匂いがきつい

画像では分かりませんが、結構きついプスチック特有の匂いがします。
そのうち消えると思いますので、自宅に停めている間はフタを開けたままにしておき、しばらく様子を見てみようと思います。

その後の経過

まとめ

このNBSバイク用トップケース、28Lとそこそこ容量もあり、簡単に取り外しも出来るため気に入っていたのですが、かなり匂いが気になります。
他の部分は気に入っていたのですが、匂いが消えそうにないので、残念ですがそのうち他のボックスに交換しようと考えています。

Top